「サッカー観戦力を養う」に参加してきました!

1月28日、フロムワン本社3階。
「サッカー観戦力を養う」というサッカーセミナーに参加してきました。
ゲストは2人。
「なぜボランチはムダなパスを出すのか?」の著者の北健一郎さん、
「サッカー観戦力が高まる」の著者の清水英斗さんのお二方。
司会進行に秋元大輔さんと豪華な面々でした。

お二方の最近出された著書を元に、サッカーを観戦する際に重要な注目ポイントなどを紹介。
ボールホルダー以外にどこをチェックすれば戦術の機能度やプレーヤーの意図が深く理解できるかを伝える内容となっていた。

具体的にどんな内容だったかをまとめてみましたので、サッカーIQアップしたい人なんかはぜひ読んでください。

本を作った背景

・本を出版するにあたって、特別に取材はしていない
・自分がプレーしてたことを背景に、その後いろいろな選手などへの取材から、自分の中で固まってきたことを書いてまとめたもの(清水氏)

・遠藤選手、シャビ選手のプレーを掘り下げていきたいと感じ、本を出版することに
・サッカー選手はいろいろなことを考えながらプレーしているというのを理解してもらうため(北氏)

本の内容に関して

「サッカー「観戦力」が高まる」
・100個の小見出しになっている
・バルサの内容を中心に、戦術だけでなくゲームマネジメント、セットプレー、個人戦術(ボールの持ち方等)にも踏み込んでいる
・テクニックに関して取り扱った書籍があまりなかったので、それを伝える場として本という形にした
・世界のトップの選手は、味方がどうブレーしているかを”感じて”プレーしている。アイコンタクトをしているのでは遅い
→ドリブルの上手い選手はいつもボールを置くスポットが同じだから、周りもこの次にどうプレーするかを感じやすい(清水氏)

・本の背景として、ストライカー編集部の時についた癖(偶然のプレーも仮設を立てて技とする)がこの本に結びついた(北氏)

「なぜボランチはムダなパスを出すのか」
・ボランチというのはどういう発想でプレーしているのか、というのを掘り下げていってる
・ムダなように見えるパス(一旦バックラインに戻してリターンパスをもらう等)は、時間差が生まれることにより、スペースが生まれたりする
・布石になる動き
・視線のマークが外されるだけでフェイントになる(北氏)

観戦力に関して

・体の向きなどに関して頭の中で矢印をつけるようにする(北氏)
・矢印に関しては、柏レイソルの北嶋も言っていた
→右サイドの選手がボールの置いている場所が右足だったら、守備陣は縦を意識するため、中では縦ではなく下がってもらう(清水氏)
・矢印を利用したプレーがある(メッシ等)
・難しいプレーはしていない、相手の矢印の逆を意識している
→シャビの場合、後ろに敵がいる場合、わざと相手に自分の矢印を見せておいて、それとは逆の動きをすることによってフェイントになる
・バルセロナの選手はみんながそれをやっている(北氏)

初めてサッカーを見るときにどういうところに着目したら面白くなるか

・それぞれが確立するのが楽しい
・ボールを見るようにして、だんだん視野を広げていく、ぼやかしていく
・見ていくにつれて、サッカーはパターン化されて見れるようになってくる
・頭の中でWhy?を常に意識しておくと答えが自ずと見えてくる(清水氏)

・試合の中にピンをとめるようにする
→なんで沢はこんなにパスカットできるのか、ということを頭の中にピンをとめておく
そのピンを意識して試合観戦してみる
パスカットできるように仲間がスペースをうめている(北氏)

事前情報がないときの試合観戦方法

・システムを把握しておく
・どういうことが起きるかというのはパターン化されている
→両チーム4-4-2のボックス型の対戦の場合
初期配置の段階で2ボランチ、両サイドバックがフリーになる
その4人をどのように使っているか(清水氏)

-試合中に気づかない間でシステム変更する場合は?-
・約束事が変わりやすい瞬間は必ずあるので、そこでのactionは気をつけて見る(選手交代、監督の動き、ハーフタイムなど)
・テレビ観戦だと、わかりづらい部分があるので、生観戦がおすすめ(清水氏)

観戦解説(清水氏)

【エル・クラシコ国王杯1st】
・DFの姿勢
[前半10分]
1.ピケの姿勢
ゴールと相手のライン上ではなく、中央を切っていて外を向いている(ワンサイドカット)
ライン上をとってしまうと、裏をとられてしまうのをピケは知っている(Cロナウドのスピードもあるため)
→クリロナのカットインシュートを恐れていた
2.ダニエルアウベスとの位置関係
このままだと裏が弱いので、その部分をアウベスがカバーできたはず
普段はピケは左CBなので、アウベスとの連携をうまくとれていなかった
・右SB(アルティントップについて)
[後半8分]
本来アルベロアのポジションだが、この日はアルティントップが右SBになっていた
アルティントップはイニエスタから眼を離してしまったため、裏を取られてしまった
それに対し、セルヒオ・ラモスが危険察知したことにより、難を逃れた
[後半31分]
DFラインが4人並ぶことで幅をカバーするというのはセオリー
アルティントップがイニエスタの動きにつられて中に入ってしまったため、どフリーのアビダルへのパスでゴール
『問題点』
1.本来のポジションではないところで起用されたアルティントップのDF力の無さ(ゾーンディフェンスに慣れていない)
2.アルティントップがイニエスタをマークするという約束事があったのかもしれない
→マンツーマンディフェンスだとしたら、同じサイドのC・ロナウドがカバーに入るべきだった
→W杯の日本代表を例にとると、長友のカバーを阿部や大久保がしていた
→イニエスタが中途半端な位置にいることによって、これがフェイントになっていた(北氏)

【エル・クラシコ国王杯2nd】
(バルデスに代わって出ていたピントは危ないパスミスを多くしていた)
・ゴールキックに関して
[後半22分]
普通、CBはゴールキックの時にペナルティエリアの角で受けるのがセオリーだが、レアルFWがそこを埋めていた
なので、ピケは死のエリア(自陣のコーナーエリア)まで広がっていた
だが、ピントはロングパスを選択(ショートパスをもらっているためにCBは広がっていたのに、ロングパスをするという選択は適切ではない)
本来ならば、ロングパスを選択する場合、GKはCBに中に入るように指示しなければならない
その指示がなかったために、結果ボールロストし、中がスカスカになっていた
そのままC・ロナウドの得点につながった
[後半41分]
バルセロナとしては、点を決められると負けてしまう状況
このシーンでは、CBは死のエリアではなくラインを上げて中に詰めてポジショニングをとっている
ボールをキープできなかったが、危険なシーンは免れた

これらの試合から言えることとしては、
・今まで出ていなかった選手が穴になりやすい理由はこういったシーンに多くあるということ
連携ミスや、戦術の成熟度の関係
・ミスが少ない試合、高度な試合だからこそ、技術的なミスよりも判断ミスが多く目についてしまう

質疑応答

Q1.
セオリーを逸脱することに関してどう考えるか
A1.
セオリーを破るのは楽しい(清水氏)
セオリーを考えた上で、見ることは楽しい(北氏)

Q2.
ミスが多く展開がぼやけてしまった場合、流れをつかむコツ
A2.
傾向をつかむようにする(清水氏)
サッカーはミスのスポーツなので、優秀なチームはミスをした前提でトレーニングしている
ミスした後にどう動くのかというのをよく見るようにする(北氏)

Q3.
観戦者の目が肥えていっているが、どのような原稿を求められるようになったか
A3.
観戦者の目が肥えっていっているのに比例して、編集者のレベルもあがってきているので少し突っ込んだ話をするようにしている
自分の知識をどんどんアップデートしていき、つまらない記事にならないように心がけている(北氏)

Q4.
守備戦術について、今後どういう流れになっていくのか
A4.
ビルバオのマルセロ・ビエルサに注目している
マンツーマンDFによって、バルサをどう打ち破るかに注目している(清水氏)

バルサを打破する方法はフットサルではよく行われる
サイドにパスを出してから、CBが縦に走るような動きが出てくるのではないかと予測している
将来的には、フットサル化し、CBも流動的な動きもしていくのではないだろうか(北氏)

Q5.
日本のボランチで遠藤の後継者になりうる人は?
A5.
チームを動かしていくボランチという面では、鹿島アントラーズの柴崎岳に注目している
どこにスペースがあるのか、ということを見つけることが上手い選手
他には、日本人ではないが京都サンガのチョンウヨン
彼のゲームメイクがチームに回ってくればもっとよくなる(北氏)

———-

こんな感じの1時間30分でした。
セミナーの最後には安藤隆人さんも登場。
観戦するときに気をつけている点は「違和感を持つこと」だそうです。
それを感じられるようにならば、安藤さんのように将来有望な選手を見つけ出す力もつくのかもしれません。
「安藤さんがこの場にいることが違和感ですけどね」
と、笑いを取られていましたが……。

感じたこと

サッカー選手は一流と呼ばれる選手ほどいろんなことを考えてプレーしてるということ。
無駄なように見えた一つのパスが、実はとてつもなくでかいメッセージが込められている。
ただ単に、「メッシすげえええ!」で終わっていたのが、こうした背景を考えながら見ていくことで
“メッシの今の動きは、シャビのボールを置く位置から裏へのパスが出ることが分かっていたんだな”ということや、
国王杯でのピケが抜かれて失点してしまったところでも、普通ならクリロナすげえなで終わる所が、
“ピケ自身は自分にスピードがないことを自覚しているから、その中で考えられるベストなDFの仕方だったのだな”等と考えられるのです。
サッカーの奥深さを最確認できました。
自分の中で、サッカーを見る時に気をつけていた事はなんとなく構築されていたのですが、
このセミナーに参加することにより、もう1ランク上にいけたような気がしました。
本当に有意義な時間でした。


※続編が出ました!!!


——————————————

[レビュー]走り続ける才能たち

 
久々のブログ更新。
安藤隆人著「走り続ける才能たち」の書評、というか感想。

まず、最初に。
むちゃくちゃよかった。

まず、リズムがいい。
複数の選手を取り上げる場合でも、時間軸は同じにして書かれているため、読んでいる側からしても読みやすいし、早く次を読みたいと思わせてくれる。

内容について少し述べると、
テレビでのニュースなどでは、一見順風満帆にいっているような選手にも、安藤さんなりの取材で実はそうじゃなくて苦労していた時代があるんだと気づかされた。
また、長い時間取材しているため、その選手がどう成長していくのかというのが感じられた、特に第三章の香川真司の部分。
細貝選手との会話の中で、
「高校時代から顔を出してくれる記者の人はいない」
という部分があって、これが安藤さんの強みなんだろうなと。

宇都宮徹壱さんのライター講座(その時の記事はこちらから)にて、
「ライターとして生き残っていくためには、誰にもない視点を確保すること、自分のストロングポイントを見つけること。」
とおっしゃっていた。

安藤さんの強みは、地道な取材で将来有望な選手を見つけ出し、若いうちに信頼関係を築いていくことなんだろうな。
やはり、選手を見つけ出す能力に長けているなと感じた。
これは生まれ持った才能ではなくて、学生時代からいろんな試合を見て、いろんな選手を見て培ってきたもので、努力の賜物だと思う。

また、長く付き合っているからこそできる選手に対するアドバイスも的確で、なおかつそれらが選手たちにも直に伝わっている。
これはジャーナリストとして重要な役割である。
選手たちも客観的な目線で自分を見てもらって、それをアドバイスしてもらうということを欲しているはずだ。
長いこと見てくれている安藤さんなら、なおさら自分のプラスにもなる、いい影響を与えている。
誰でも人に見られていると感じると「頑張ろう」という気になる。
大袈裟だと思われるかもしれないけど、きっと安藤さんがいなければ今海外で活躍してる選手はもっと少なかったように感じた。
純粋にすごいです、安藤さん。

僕は安藤さんの過去にすごい興味があった。
なんで銀行員をしてたんだ?と。
でも、この本を読んで読んでよく分かった。
自分の時間が確保される仕事に就いて、その時間を使って取材する。
サッカーライターは完全実力主義である。
きっと安藤さんはそれを十二分に理解していて、銀行員時代に経験を積むことにより、自分のスキルアップをはかったのだと思う。
そして、本田岡崎細貝らに出会ったときに仕事を辞める決意をした。
今ではユース教授と呼ばれるまでになった。
ほんとにすごいです。

本の題名である、走り続ける才能たち。
これに合った内容だった。
その才能たちを安藤さんは常に追い続けていて、知ることの出来なかった、安藤さんにしか見せない選手の表情を感じることができた。
安藤さんはこれからも変わらないだろう。
新しい才能を追い続けて、僕達に新しい発見をする手助けをしてくれるんだと思う。
「ユース教授。」
唯一無二の存在である。

きっとこれからもサッカー界に多大な影響を与えていってくれるんだろう。
素敵な本をありがとうございました。

みなさんも読んでいただきたいです。
安藤さんが過去に出した書籍もアマゾンから購入できるので、ぜひ。



—————————————-

旅の振り返りと、これから

 
 

旅の最終日の夜、いろんなことが頭を廻った。
2011年はじめに決意したこと、今回の旅に至るまでの経緯、実際に旅に出て肌で感じたこと、そしてこれから。

—–

2011年2月、休学を決意した。
頑張れば卒業できて、なおかつ就職先も決まった中でそれを投げ捨てて休学した。

「まだ大人になりたくなかったから」
甘い考えとは分かっていたけど、自分の決断を変えることはなかった。

頭の中にはやりたいことがあった。
1つ。
世界一周。
理由は単純、自慢できるから。

自慢できるという意味不明な理由だったけど
いろいろ調べていくうちに自分の知らないことが世界にはあると感じた。
自分の常識が他人の常識ではない。
自分の見たことのない世界を見ることは、当時の自分にとってはとても魅力的だった。

実際、それまで閉鎖的な環境に居座っていたこともあり、社会のことなんて考えたこともなかった。
知らないことがあるという事実にさえ、気付けていなかった。
なのに、社会人になろうとしている自分がいた。

社会人になってからの自分が思い描けないまま、あやふやなまま社会に出ていいのか。

就職活動もそこまで真剣にやらず、だいたいこんなことしたいなという思いだけでテレビ制作会社を選んだ。
「表現者になること」
これは昔からの自分のテーマで、それにあっているだろうという理由でテレビ作れたら面白そうじゃん?と。
それもそれで楽しいとは思った。

でも社会的に未熟すぎる自分が作るテレビに、誰が興味を示してくれるかなと。

良い表現者になるためには、自分自身が魅力的な人物にならなきゃならないと感じた。
そこで自分を振り返ったところ、そんな自分になれてるか?と自問自答した。
答えは、NOであった。

魅力的な自分になるために、世界一周をしようと思った。

バイトをして、お金を貯めて、順調に世界一周の準備は進んでいた。
そんなとき、イスラエル行きを決めた。

世界一周ではイスラエルはいけないと思っていた。
物価も高いし、なんせ少し怖いし。
自爆テロとか普通だからね。

でもイスラエルには死ぬまでに一度は行きたいと思っていた。
大学の授業でパレスチナ問題について触れた時、こんなことがあるんだと知った。
もともとパレスチナ人が住んでいた場所を、WW2後、ユダヤ人のための国が作られた。
そしてユダヤ人によるパレスチナ人の虐殺。
ナチスによって虐殺されたユダヤ人が、だ。

閉鎖的な生活の中で、少しだけ外の世界を見た瞬間だった。

世界一周いきたいけど、それ以上にイスラエル行きてえ…と。
最悪、お金なくなって世界一周できなくてもいいや、とさえ思って旅立った。

イスラエル。
自分がイメージした場所とは全く違った。
自爆テロ?3週間いたけど1度だけだったよ(それでも異常だけど)。
パレスチナ人とユダヤ人仲悪そうだな…?いや、普通に共存してたよ(全て見たわけじゃないけども)。

まあ、言いたいこととしては、冒頭にも言ったように
知らないことへの恐怖、ですよね。
イメージだけで作り上げられたイスラエルと
自分の目で見てきたイスラエルでは、全然違った。

そして、3週間いたけども、時間足りないよと。
たった2ヶ国だったけど全て見れた?って聞かれたらまだまだ。
イスラエルについてもっと知りたいと思った。
現地の人にも話聞きたいし(そのためにはアラビア語とヘブライ語話せたら超便利だな)、もっと長くいたいと思った。

当初の予定では3ヵ月ほどで世界一周行こうと思っていた。
3ヵ月って自分の中では結構長期的で、そんだけいけば大丈夫っしょ?って。
でも、きっとこれ、俺の目的からしたら合ってないじゃん?って感じた。
自慢するってだけならできるけど、これはほんと意味ないし。
「世界のことをもっとよく知る」
これが目的なら5年くらいかけて世界一周したほうがいいなと感じた。
世界一周に固執するならばね。
3ヵ月は短すぎた。

世界を知る前に、日本についてもっと知ろうと思った。
きっと自分の知らない日本がたくさんあるんじゃないかな、と思って。

結果、世界一周今年は諦めようと思った。
その夜決めた。

日本についてもっと勉強してから、社会に出て、時間見つけていろんなところ旅しようと思った。
世界一周に固執しなくてもいいじゃん。
あー、ここでも逃げるんだ俺、って思ったけど、なんていうかそう思っちゃった以上行く気も失せた。

個別にいろんな国行って、いろんなこと知って、それから総復習的な意味合いの世界一周できたら素敵だなと思った。

ヨルダン最終日にある老夫婦に出会った。
仕事辞めてゆっくり世界一周してるらしい。
そういう形もありなんじゃないかなってね。

何話したいかわかんなくなってきて、まとまってないけど、とりあえず、俺は勉強不足で、何をやるにもまだ未熟すぎたので、いろんなことを学ぼうとこのときに感じました。

いろんな本を読んで
いろんな講演会に行って
いろんな人と出会って
いろんな可能性を広げていこうと感じました。

自分の将来について、いろいろ考えることがあるんだけど、これについてはまたブログで書こうかなと思ってます。

とりあえず、この旅で感じたこと。
日本には世界について知らない人がたくさんいる、自分も然り。
そういった人たちに事実を伝えたい。
歪曲化された報道を信じているすべての人に伝えたい。

表現者としての自分の最終目標はそこなんだろうなと。

そのためには自分で見て、感じる必要がある。

世界一周の夢は諦めません。
ただ、少し目標が変わっただけ。

世界を知りたい。
この欲が尽きることはないでしょう。

まず日本から。

そんなことを考えながら、この旅最後の夜は更けていきました。
少し長く感じた夜でした。

—————————————-
 

イスラエル最終日。ヨルダン再入国。

2011.08.23 イスラエル8日目 ヨルダン再6日目

朝8時30分起床。
今日は昼にヨルダンに戻る日だったので、palm hostelで過ごす最後の朝。

このhostelは前にも書いたとおり、日本人特別待遇(笑)だったので、他の人とは別の部屋だったんだが、8時頃誰か入ってきた。
50代くらいのおじさんが入ってきて寝始めた。
きっと最後だったから入れたんだろうなと。
もはや、ドミトリーなのでそれが普通なんだけど。

さて、朝は少し時間があったので、もうひとつのゴルゴダの丘に行ってきた。
少し歩くとすぐに発見。
受付で日本人だと告げると、日本語のガイドブックを手渡された。
この旅で初だな。
この場所はイギリスが管理している場所なので、そこらへんはしっかりしてるのかな?と推測。






さて、こんな感じで面白い見どころはなかったですが、観光客は多かった。
朝早かったのに。

そしてホテルに戻り、メールチェック等をしてホテルをチェックアウト。
長い間ありがとうございました。

イスラエルで使うぎりぎりのお金(タクシー代、tax代等)を換金して、タクシー乗り場へ。
乗合なので4人ほど集まるまで待つ。
ひたすら待つ。
全然来ない。
待つ。
暇だから、そこらへんの写真を撮る。





シシカバブ屋さんお世話になったなあ、とか
ダマスカス門撮ったことなかったなあ、とか
車の通り激しいなあ、とか
いろいろ思いながら感傷に浸る。

2時間ほど待って、外国人観光客がきてくれて出発。
1人40NIS。まあまあですね。でも仕方ない。
そしてアレンビーまで小1時間ほど。

門で、武器を持ってないかなどなど聞かれて、持ってねえぜぇと答えて。
乗合の女の子と会話盗み聞きしようと思ったけど、何にも聞き取れない。
終わってるわ、俺の英語力。
なんて思いつつ、いつの間にか国境に到着。

荷物を預けて、taxを支払う。
172NIS。
162NISと聞いていたので、若干焦るけど仕方ない。
だがバス代が足りない…と思ってたら、JDで支払えるらしくぎりぎり足りそう。
よかった。

イスラエル側の国境でバスが来るまで待つ。
1時間以上。
今日は何かと待ち時間が多い。

バスが来てから、また少し待つ。
乗客が埋まるのを待っているんだろう。
今日はそこまで人が多くなかったので、結構時間がかかった。
さて、だいたい埋まったところで出発。
やっとヨルダンに………!
って思ったら、乗客が途中イスラエル兵ともめてる。
んで、バス降ろされてる。
何があったんかな?
たぶんVISAの関係でしょう。
イライラしたわー(笑)。

そんなこんなで、やっとヨルダンに到着した。
パスポートを受け取って、タクシーを捕まえる。
というか、勝手に運転手が値段交渉してきて、マンスールホテルまでお願いした。
1人10JD。
このままマンスールホテルの前まで連れてってくれるかと思ったのに
「渋滞してるからここでいいか?」
「walk!50m!50m!!!」
としつこい。
明らかに遠いことは分かっていたけど、うるさかったので降りた。
おいおい、後味悪いぞ…。

歩いてだいたい10分くらい。
重い荷物を持って歩くのはきつい…。
さて、マンスールに到着。
ルアイも覚えててくれて、感動の再会(笑)。
ルアイと日本人のゲイについて話した。
彼の英語は俺にとってはめちゃくちゃ聴きやすくてありがたい。
すげー笑いました。
「yuukiはゲイじゃないよな?」
とかいきなり言ってきて、おいおい、疑うなよと。
むしろ君のほうが(ry

さてドミトリーに泊まることになった。
いい感じの部屋。


その後、荷物を置いてアンマン散策。
シーシャ安いから買おうか迷ったけど、荷物多くなるしやめた。
お土産買えず。明日出直すことに。

夜は前きたとき気になってたフライドチキン屋さんへ。
そこで待ってた男の子がむーちゃ可愛くてお土産買ってあげよう!って思ったんだけど
その子、フライドチキンに必死でダメだった(笑)。
にしても、仕草が全部可愛かったな。
明日会えるかな…。

さてさて、明日ついに帰国。
16時の飛行機で日本に帰国します。

PS ホテルで一緒だった@takuro3313くん、いい子だったな。
馬場くんに会えたのかな。
むっちゃ会いたがってたが。
僕も会ってみたいけどな。

さて、旅ブログはこれで終了。
最終日のこと、まとめ的な意味で書くかも。書かないかも。

—————————————-