猪子寿之×津田大介の講演会に参加してきた。

 

2012.02.27
六本木ヒルズのアカデミーヒルズで行われた、津田大介さんと猪子寿之さんの講演会に行ってきた。
議題は、情報をアイディアに変える「クリエイティブ発想術」。
学生向けの簡単なものではなかったので、多少専門的な言葉が飛び交う刺激的な場でした。
講演中にメモしたものをまとめてみました。

・情報化社会では言語化される領域の共有スピードが高すぎて、競争優位性の必要十分条件にはならない。
・言語で説明しづらい領域の分野(分解依存度の高い領域)を、テクノロジーで再構築しようしている
・どういう思想か、どういう美意識か、世界をどう捉えているか、を紐解きたいと考えている

(例)日本画
日本画を描いていた当時は、日本画は平面的に描いていたのではなく、立体的なものとして描いていたという着眼点
→西洋的な見方が発達した今とは異なった見え方がしていたのでは?

・1レイヤーで描いたものを「何レイヤーですか?5レイヤー?7レイヤー?」と聞かれることがあった。
→日本の論理構造で世界を見ていたときは、世界がレイヤーに見えていたという気付き
逆に空間を作るときに、レイヤーをデザインすると気づいた

例)マリオ
世界初の横スクロールゲーム
世界を横に見ることが多かった日本人がそういったものを創りだした
絵の見方を例にすると、絵の中に入った気になれるような構造(日本画等)
→西洋はそういう見方ではない(パースペクティブ)
絵を見ながら、絵の中に入り込める→ドラクエ等

・産業が生まれてきた時に、その産業と自分たちの文化との相性が良い時、文化の強みが活かされた時、その産業は世界で生き残れる力を保持できるのではないだろうか
→自分たちの先人がどのようにして世界を捉えていたのかというものを大事にして作品作りをしている

情報化社会の競争優位性文化+テクノロジー 対談編 -津田大介×猪子寿之-

津田)チームラボとはどんな会社ですか?
猪子)社会がデジタル領域になってきたとき、新しい付加価値をつけられるのではないだろうかということを念頭に置いている会社。渋谷のメイド喫茶もゲームのような空間を創りだそうと思った。漫画、アニメ、メイドなどの共通している連続性を表面化したものである。
津田)アートを興味を持って、つくろうと思ったキッカケは?
猪子)テクノロジーと文化に興味があったので、これをデジタルでやってみようと思った。
津田)最近の作品で自分が一番気に入っているものは?
猪子)一番気に入ってるのは、紅白の嵐の演出が一番気に入ってる。だいたい1ヶ月弱で完成させた。
※後ろの支柱が壊れたシーンについて特に熱心に語ってました(笑)。壊れたはずの支柱がすぐ復活してるのになんでみんな疑問持たないのよー?とか(笑)。
→現実的におかしいと人間は頭から消去してしまう
テクノロジーによって新しい表現になっているが、あまりにも高度になるとわからなくなってしまう。だからバラすことが大事という意見。(映画のアバターは、公開する前に撮影秘話をテレビで多く流していた。)

津田)自分がチームラボとどれほどコミットしているのか?
猪子)だいたい1割ほど。全く知らない事業もあったりする。でも、ダメだったら”死ね!”と言う(笑)。

津田)世界を紐解いた後、最終的にはどうなっていたい?
猪子)今の日本は古い構造になっていて、競争力が下がっていっている。だから新しい構造にして、競争して、それのお手伝いをしていきたい。
競争力低下は、日本がガラパゴスであったからではない。むしろ結果である。日本は会社が潰れることはあまりない。アメリカは会社が潰れて、また新しい会社ができて、という流れ。会社の循環が自然とできている。なので、日本の産業のシフトが重要。

質疑応答

Q.時間の表現の仕方は?
A.西洋的なパースペクティブでは時間の概念は一瞬であるが、日本は大和絵のような感じで時間の概念がもともとあったので、特に意識していない。

Q.好きな映画は?
A.崖の上のポニョ!船に乗っているとき、すれ違った大人に「大丈夫か?」と聞かれ、「うん、大丈夫!」と答えた宗介くん。それに対し、「おう、そうか!気をつけるんだぞ!」といったあたりから、子供と大人の区別がない世界観が描かれているなと感じた。結婚とかなくていいじゃん!(朝まで生テレビの「婚外子の割合少なすぎ、結婚しなくても子供生めるようにすれば良いじゃん」論)に繋がる。

Q.趣味は?
A.趣味はない。自分、アイデンティティもない。(それに対して津田さん)いや自分あるでしょ(笑)。

Q.リーダーシップとは?
A.ない。森は崩壊しないのと同じ話(それに対して津田さん)会社は森じゃないでしょ(笑)。
むしろ、食わしてもらっているという感覚。言いたいことがあった時に言う、そしてそれを実現する環境、自分が感じやすい環境を作り出している。

Q.スポーツをアートとして捉えた時どう表現するか。
A.「※リアル相撲」が好き。ゲームっぽい要素をリアルで表現したい。デジタル要素を入れることで、見た目だけではなくてルールも変わる。そこに面白さが生まれる。

Q.ノマドについて
A.猪子さん自体はノマドではない。オフィスが好き。理由としては、会話を通して、アイディアを共有できるから。それぞれのスペシャリストとの会話は集積すればするほどいいものができると感じている。チームラボという名前にもそういったメッセージが込められている。

Q.Let’s noteを使っている理由
A.コンセントがない出先があまりに少ないから、チームラボで働いてる人の8,9割がLet’s noteである。コンセントがない会社が理解出来ない。残念な日本企業がLet’s noteを買わせている(笑)。

こんな感じでした。
この後に懇親会も行われ、結婚に対するお話をしてくださったのですが、あまりにもdeepな内容だったため、割愛させて頂きます(笑)。

ここで感じたことは、
・情報人になるには、inputとoutputのバランスが重要であるということ。
・ネットやテレビでいいやと思わないように現場で見ることも大事だなということ。
・猪子さん自身はリーダーシップないよーと言っていたけど、面白いことをして、周りに感謝する姿勢にリーダーシップを感じた。

話についていくのが必死で、自分の中で考えをまとめることができなかったので、もっと勉強しないといけないと感じた。
ただ、猪子さんは面白い。
今回の講演会で、より一層好きになりました。

あまりうまくまとめられませんでしたが、どうかお許しを。
ではまた。



—————————————-

ギャップイヤー・フェアに参加してきた。

 

2012.02.27に、池袋で行われたGAPYEAR.JPのイベントに参加してきた。関西からわざわざやってきた大親友のホリーと。
会場のみらい館大明、閉校になった小学校を活用していろんなイベントやってるみたい。最近こういうの増えてきてるけど、すごいいいと思う。地域間の新しいコミュニティーが生まれそうな感じ。わくわくしちゃいますね。
ちなみにこの日の校庭では、どっかのモデルさんが写真撮影とかやってました。

さて、イベントのタイムスケジュール。
第1部:休学体験者とのトークセッション
第2部:ゲストスピーカー・後援団体等のブースに分かれて質疑応答
第3部:イベント参加者同士でのワールドカフェスタイル
という感じでした。

第1部
旅ブースに行って話を聞いた。
水野さんの話にすごい共感した。
ウズベキスタンという国に行って、日本では報道されていない部分があるということに気付き、その気づかれていない部分を日本に伝えていくことが自分なりの表現方法だ、みたいなことを言ってて。
俺もそれ思ってたー!みたいな感じで。
心の中で(うん、うん、それそれ!)みたいな感じ。
しかも、その表現方法を実現するために出版社でこれから働くって言ってて、有言実行かっこいいなーと。
自分もちゃんと自分なりの表現方法を発揮できるところに就職して、追求していきたいと感じた。
あと、篠原くんが結構ギリギリな旅をしていたということを知って、個人的にはすごい面白かった(笑)。

第2部
留学ブースにおじゃまさせてもらった。
フィリピン留学について聞いた。
1ヶ月学校に通う→1ヶ月他の東南アジアの国に行ってみて自分の英語が通じるか試す→より伝わるようにまた学校で1ヶ月勉強
みたいなやり方を推奨してました。
確かに3ヶ月間学校にずっといるとモチベーションも下がってくるし、本当に通じるの?みたいなところが解消されていいのかも、なんて思ってみたり。
フィリピン留学も最近になってとても注目されていて、俺も今年中に1回はフィリピンに行きたいと考えているので、その時はNomadshareにお世話になろうと思います。
話それるけど、ノマドワーカーのための世界規模のコワーキングスペース×シェアハウスってこれから需要増えると思うんだよなー。例えば、一ヶ月一定の料金を支払うと、どこの国のハウス(世界規模に広がっていると想定)に行っても泊まれて作業できる!みたいな感じ。まだふわふわだけど。そこらへんも何かしら仕掛けていきたいな。
3月上旬にのむのむが日本に一時帰国するらしいので、その時に話ができたらいいな。

第3部
参加者同士の意見を言い合う場(ワールドカフェ)でした。これ、一番面白かった。
1つの机に対し4人が席について話し合う形。
20分×3だったんだけど、それぞれの机で面白い意見が聞くことができた。

1.ギャップイヤーのどこに惹かれる?
2.ギャップイヤーの壁は?
3.今日学んだこと
というテーマの元、話し合った。

1.ギャップイヤーの魅力
すごい面白い人がいた。
俺が休学した理由の中の一つとして、狭いコミュニティの中からの脱却→世界という大きなものを見てみたいという、少し自分勝手な理由だったんだけど。
ここで話し合った人の中で、
「隣に住んでいる人のことすら知らない、そんなことが普通にあるのに、世界なんて言ってられる?」
って意見が上がった。
これはたしかにそうだなって思った。
けど、自分が狭い世界にいるということすら気づかないまま過ごしている人はたくさんいて、そういう人達にとって、海外に行くっていう行為は初めて自分というものを見つめ直すことができる機会なのかなって思った。
やっぱり俺の場合は、イスラエルに行ったからこそ日本について知らないことが多すぎるって気づけたし、もっと日本を知りたいと感じたし、知るにつれてもっと良くしていきたいって思った。
たぶん、彼と僕の意見は対立しているように聞こえただろうけど、きっと同じ事言ってたんだと思う。
彼は、日本の中から日本を良くしたい、originalで勝負できるものがあるんじゃない?アメリカっぽくなるのはゴメンだよ!ってことで。
俺が言いたいのは、海外を見ることで、外に発信していくことで、日本は世界の中でどういったことで勝負できるのかを確認するっていうか。ようは、海外見なきゃ日本が世界の中でどういう存在かってこともしれないだろうなって感じ。
言葉にするのは難しいんだけど、なんかそんな感じ。
伝わるかな?(笑)
彼みたいな人と話すのはすごい楽しいな。
ああいう人とこれから出会いたいなあって感じました。

2.ギャップイヤーの壁
4人中3人がギャップイヤー経験してるってことで、カウンセリングみたいな感じでした(笑)。
壁なんてないよ、みたいな結論だったんだけど、やっぱお金の面とか就職活動の面とかで不安はあるみたい。
でも、はっきり言ってそれってのも壁って言うより、自分次第だなって思う。
やりたいことがあるからギャップイヤーするのであって、ないのにする必要はない。
自分次第。

3.今日学んだこと
これからギャップイヤーをする予定の子たちと話した。
そもそも、ギャップイヤーって何のためにするの?
ってこと。
2回目のトークの時に話していたことと共通するんだけど、自分が何かしなきゃって思った時に休学なりギャップイヤーなりして、そのしたいことに対して進んでいくというのが普通の流れ。
学んだこと、と言っても俺は既に経験者なので、自分の経験から話せる範囲で彼らに話した。
すごい目を輝かせて、話を聞いてくれたのでとても嬉しかったし、彼らならしっかりと考えてギャップイヤーするんじゃないかなって思った。
この中に学芸大の子がいて、彼は学芸大の中からActionを起こして変えていきたいという活動をしていて、とても好印象だった。
学芸大特有の、”流れが止まっている感”が動き出すような気がした。
こういう類の人は学芸大の中ではとても貴重なので(笑)、力になれるならなっていきたいなと思いました。

さてさて。
ギャップイヤーについて、自分が考えていること。
ちょっとまとめてみたいと思います。

目的意識を持つこと。
これが一番大事なのかなと考えています。
ギャップイヤーを通して、自分が何を学びたいのか、なぜするのか。
こう言ったことを常に念頭に置きながら行動すべきであると思う。
自分の場合、”世界を知る”という目的があって、世界一周にしようと思っていた。
いろいろと考えていくうちに短期の世界一周では世界のことをあまり知れないかもなと考えるようになり、自分が一番興味のあったイスラエルという国に行くことにした。
とても刺激的な毎日で、イスラエルという国についてもっと知りたいと思った。
そして同時に、初めて外から日本という国と向かい合った時、日本について何も知らない、何も考えていないと気づいた。
日本についてもっと知りたいと思うようになり、日本のことをもっと勉強しようと。
講演会等にも顔を出すようになり、inputする時間も増えた。読書なども多く時間を割いて、inputをたくさんしていた時期だった。
そして、今ではWorldShift Actionsの食糧問題プロジェクトにも参加させてもらっている。
なぜ食糧問題か、というのも今までにない新しい分野に飛び込んでみたかったから。こういうの意外と大事なんじゃないかなって思う。今はoutputの時間。

また、イスラエルでは、ある義憤を感じた。
日本の報道と、現地での生活、ここにかなりギャップがあった。
自爆テロがあって危険な国という印象しかないイスラエル。
実際に行ってみると、たしかに日本に比べたら危険かもしれないが、他にももっといいところはたくさんあった。
ニーズを追っただけの報道、それにより印象が悪くなってしまっていると気づいた。
そういったギャップを埋めていきたいと考えて、ジャーナリストを志すようになった。
また、自分から発信することが大事であると感じた。
今の社会は、俺のようなただの大学生でもメディアになりうる時代であるということ。
Twitter、Facebook、Ustream等を通じて世界に影響をあたえることができる。
そう考えたので、学生ヨル会議というものにもこれから参加していく予定だ。
学生主体で、社会の問題について議論するというもの。

これらの行動は、世界を知るという目的があって、そこから派出したもの。
だからこそ1つ大きな目的を作っておくことが大事なのかなと。
ギャップイヤーは、その期間どこにも所属していない状態。
学校にも守られていない、会社にも守られていない、一番弱い状態だと思う。
だからこそ、良くなるのも悪くなるのもすべて自分次第である。
しっかりと目的意識を持って、それに向かって行動すればプラスなことばかりであると思う。
軸がなかった自分が、この1年を通じてこれから大切にしていきたい軸をいくつも発見することができた。

目的をしっかり持つこと。
手段は変わってもいいから。

このイベントに参加してみて、この1年を振り返ることができた。
これからギャップイヤーをしようと思っている子たちの話や表情を見て、自分と照らし合わせることができた。
今年1年はギャップイヤーの1年よりもがんばらなきゃいけないなと思ってる。

自分からActionすることで、世界は変わるよ。

—————————————-