イケてる公務員通信vol.5 安部純子 「BEPPU PROJECT」

投稿日: カテゴリー: イケてる公務員通信

どうも。
イケてる公務員通信の時間です。

今までのイケてる公務員通信は以下のとおりです。

さて、今回は、別府市役所の安部純子さんです。
安部さんは「BEPPU PROJECT」の立ち上げや、
アルゲリッチ音楽祭、別府Jazz、公民館活動、自治会や子ども会、
小さな市民活動、伝統工芸・芸能・祭りの継承等地域文化芸術活動など、
書き出すときりがないほど、別府市を中心に様々な活動を行っている方です。

BEPPU PROJECTとは
BEPPU PROJECTは、世界有数の温泉地として知られる大分県別府市を活動拠点とするアートNPOです。この町で、国際芸術フェスティバルを開催することをマニュフェストに掲げ、2005年4月に発足して以来、現代芸術の紹介や教育普及活動、人材育成講座や出版事業、市街地の空き店舗をリノベーションする「platform」制作事業など様々な事業を実施しています。

30
By: 大分県の観光情報公式サイト(公社)ツーリズムおおいた

高校時代から海外に留学し、その後もアメリカでメディア関係の仕事に就き、生活していた安部さん。
そんな彼女が生まれ故郷に戻ってきたきっかけが、
アメリカのアフリカンダンスの先生に言われた一言でした。

「Japanツアーで一番気に入ったまちはBEPPU!」。

まさか自分の故郷の名前をこんなところで聞くことになるなんて、
と嬉しくなりそのまま別府に帰郷したそう。
ですが、そんな安部さんの見たのは、
自分が住んでいた頃とは大きく変わってしまった別府の姿。

このまちを元気にするために、
なんとかしなくてはと、動き続けました。
そんなとき、ある人からお声がかかり、
「得体のしれないモノ」=「アート」に携わっていくようになります。

気になった方は、こちらからどうぞ。

また、安部さんは
「別府にはどんな異質のものでも受入れ、湯で癒し、
水に流すという独特の文化がある」と話します。
この原稿もとても面白いのでぜひ。

ある人とある人とを繋げ、ある場とある人を繋げ…
安部さんの活動の軸となっているのは「つながり」。
自身が、何かつくったりするわけではないのです。
でも、寂れた温泉街だった別府は、変わってきています。

56483main

By: スーモジャーナル

今年はBEPPU PROJECTが携わっている「混浴温泉世界」という
国際現代芸術フェスティバルが大分県別府市内各所にて行われます。
(会期:2015年7月18日(土) ~ 9月27日(日))
3年に1度のペースで開催してきましたが、今年が最後とのこと。
興味がある人はぜひ別府まで行ってみては。

まとまらずに長くなってしまいました。
では今日はこんなところで。