イケてる公務員通信vol.10 福野博昭 「オフィスキャンプ東吉野」

どうも。
イケてる公務員通信の時間です。

今までのイケてる公務員通信は以下のとおりです。

今回取り上げるのは、奈良県庁 移住・交流推進室室長の福野博昭さんです。
紹介するプロジェクトは「オフィスキャンプ東吉野」です。

オフィスキャンプ東吉野は、昨年3月より始まりました。
デザイナーや、アルチザン(職人)、作家など、何かをつくる人が、ちいさく試せる拠点。
そのはじまりは、大阪でデザイナーをしていた坂本大祐さんが、東吉野に引っ越してきたのがきっかけでした。
東吉野に引っ越してきたから、自宅のアトリエを訪問者の集まれる場として開放していたのですが、「(これまで以上に)誰でも来ていいよ、といえる場所」がほしいと感じ、解体寸前だった建物に目を付けました。

そんな動きの中で出会ったのが、福野博昭さんでした。
坂本さんらと東吉野の未来について話をしていく中で、この構想を実現させるために奈良県庁から東吉野の村役場へ話を持ちかける等、ものすごいスピードで動いていったそうです。

「今から3年前、まだ村の移住者は坂本さん1人だけでね。ちょうど、もう一人デザイナーの菅野大門くんも移住することが決まったタイミングで、デザイナーが2人も村にいるなんて、これはえらいことになったぞと。もっと増えて10人くらいになったら、東吉野村が『デザイナーズ・ヴィレッジ』になってかっこええな!と話したら、坂本くんがデザイナーだけじゃなく、いろいろなクリエイターが集まったらおもしろいんじゃないかと言うんで、それはいい!と。すぐに企画書を書いてくれとお願いしました。これから東吉野がなりたい姿はそこやなと思ってね」(福野さん)

福野さんは、高すぎるアンテナを駆使し情報を収集、またそれを自分事にし、そのアウトプットがとてつもなく優れているのです。
どこかの真似でもなく、オリジナリティを大切にし、「おもろいやん!」の一言で、実現させてしまう剛腕ぶりは、坂本さん始め、周りの方々が信頼しているひとつの要因かもしれません。
福野さんの下で働いている職員が羨ましくなりました。

オフィスキャンプ東吉野の他にも、「奈良 食べる通信」や、「Local Life journal」、「つながる奈良『奥大和・おくやまと』」、「美しき日本 奈良」等、様々なプロジェクトの仕掛け人として、日々奔走しています。

「おっきいことやろうとすると、失敗すんねん。
小さいことから地道にやれば、それが積もって、おっきいことにつながんねん」。

なんだか、よく聞く言葉かもしれません。
ですが、実際にやっている人が言うと説得力も違います。
この言葉を聞いて、自分も小さな一歩を大切にし、継続して行っていこうと改めて気付かされました。

では今日はこんなところで。

イケてる公務員通信vol.9 吉田祐治 「やっとかめ文化祭」

どうも。
イケてる公務員通信の時間です。

今までのイケてる公務員通信は以下のとおりです。

さて、今回取り上げるのは、名古屋市役所の吉田祐治さんです。
愛知県内では初のイケてる公務員です。
紹介するのは「やっとかめ文化祭」。

やっとかめ文化祭は、まちじゅうを舞台にした都市文化の祭典で、
名古屋のまちで辻狂言のストリートライブを開催したり、参加型で学べる寺子屋や、歴史まち歩きなど、150以上のプロジェクトがあります。
日本の文化や、名古屋の魅力を様々な方法で発信していくイベントです。

さて、担当されている吉田さん。
実は私、前職で吉田さんと一緒にお仕事をしていました。

若い人たちには敬遠されがちな「歴史文化」というジャンルを、どうしたら受け入れてもらえるのか、楽しんでもらえるのかを本気で考えて行動していたのが印象的でした。
「名古屋にあるものを活かし、人々をひきつけるような街にしたい」という熱い思いを持っている方です。
そんな吉田さんが、やっとかめ文化祭について話しているインタビュー記事がありましたので、下記リンクからどうぞ。

今回取り上げたやっとかめ文化祭を参考に、まちの埋もれている魅力を再発見し、今までとは異なる方法で発信していくことも念頭に入れておくと、今までにない新しい層に届いて化学反応起きちゃうんじゃないかなと思っています。

では今日はこんなところで。

イケてる公務員通信vol.8 林拓磨 「リノベーションスクール」

どうも。
イケてる公務員通信の時間です。

今までのイケてる公務員通信は以下のとおりです。

今回取り上げるのは、鳥取県庁の林拓磨さんです。
市町村を抜け出して、今回は県庁の職員を取り上げてみます。
彼の活動は「リノベーションスクール」です。

リノベーションスクールとは、
「不動産の再生を通じてまちでの新しいビジネスを生み出し、エリアを再生する実践の場」。
実際にある遊休不動産を利用し、事業提案までを4日間で行うというもの。
最終日には、不動産オーナーにプレゼンを行い、
事業化に向けて動き出していくというプログラムです。

詳しくは、下記リンクをご覧ください。

遊休不動産をどのように利活用していくべきか、
あらゆる地方自治体が創意工夫しています。

リノベーションスクールもそのひとつの方法で、
使いたい空間を提案し、事業化していくというもので、
その手法が注目され、北九州から始まった動きは、今や全国に広がっています。
豊橋市に近いところだと、浜松市が7月に行っていますね。

で、今回のイケ公である、林さん。
彼は、地元の建設会社に勤めていたんだそう。
家族の勧めにより、県庁で技師として勤めるようになったのですが、
とある出会いから「リノベーションスクール」を鳥取で開催したい、
と思うようになりました。

しかしながら、彼は県庁の職員。
実際にまちづくりを行っていくのは住民に近い市町村だ、
という考え方があり、なかなかうまくいきません。

彼はどのようにしてリノベーションスクールを鳥取で開催したのでしょうか。
…続きは下記リンクにて。

林さんのこのインタビュー記事を読んで、
リノベーションスクール云々ではなく、
誘致するまでの行動力だったり、決断力だったり、忍耐力だったり…。
その過程が素晴らしいなと感じました。

林さん本人はインタビューで
「その時々に与えられた仕事や自分に与えられた役目だなと思ったことを
全うしていきたい」と話しています。

今の仕事にこだわり過ぎず、
とはいっても「こんなもんでいいか」じゃなく、
与えられた仕事に対して徹底的に追及する姿勢に
とても感銘を受けました。

それでは今日はこんなところで。